セイコガニ

 

メスのズワイガニが「セイコガニ」と言われています。
地域によっては「セコガニ」「せいこ蟹」とも呼ばれていたり微妙に地方によって呼び方が違います。
一般的にいう「ズワイガニ」は実はオスのことで松葉ガニなどのブランド名のついて販売されているもは「オス」で、1kg超えとかで売られているのは基本的にオスと思ってもらって間違いありません。

オスと違って身がセイコガニは身が小さいのが特徴で、オスと比べて安く買うことができます。楽天で見ていたらだいたい1kgあたり5枚ほど入っていて4,000円前後が相場という感じ。オスだと1kgで1万円とかするので半額以下。

 

そんなに安いと美味しくないのか?というとそういうわけではなく、メスゆえの特徴「卵」があります。

セイコガニ 内子

  • ぷちぷちした食感が特徴の「外子」
  • 濃厚な味わいが特徴の「内子」

 

の二種類です。

 

この部分の美味しさがたまらなく、ズワイガニで有名な福井県ではオスよりも「セイコガニ」の方が好きな人も多いと言われるほどで、秘密のケンミンSHOWでも取り上げられていたくらいです。

身自体は少ないので、オスのようにガッツリと食べるようなものでは有ありませんが、ほぐした身をご飯に乗せて食べたり、蟹のパスタ、味噌汁に使ったりと美味しい食べ方はたくさんあります。

セイコガニ 解禁日

セイコガニは2016年は11月6日から漁が解禁されてすでに通販などでも販売開始されていました。終わりは2017年1月10日となっていて、2ヶ月しか食べられないんです。

 

ズワイガニであれば3月まで解禁で4ヶ月なので、オスと比較しても半分の間しか食べられず希少な蟹となっています。

セイコガニ通販

希少なセイコガニ。
2016年も解禁となったので続々と通販も始まっています。

といってもカニ通販をしているところはたくさんあって、粗悪な蟹を販売しているところもあります。どうせ買うなら失敗したくないので、美味しいところがないか探してみました。

 

で、良いと思ったのがこのお店。

↓   ↓   ↓

蒸し・茹で・生から選べる!山陰境港産 セコガニ(親がに/せいこがに)約1kg詰(5〜8枚入)送料無料

 

良いと思った理由には3つの理由があります。

  1. 堺港直送
  2. 生・蒸しでの配送が可能
  3. 口コミ評価が高い
  4. 返金保証がある

 

堺港といえばカニの水揚げ量日本一の漁港。
直送なので鮮度も高いため、「生」で届けることが可能というわけです。

 

そして、興味深かったのが「蒸し」での配送方法。

ボイル、冷凍は良くみるんですが、「蒸し」は始めてみました。
ボイルする時に塩ゆでするのでしょっぱさが出たりするんですが、蒸すので余分な塩分が入らないし、卵もふっくらと仕上がり、セイコガニ本来の味が引き出されるとのことでした。

 

生でも口コミ評価等が高く、「届いたときにも脚が動いていた」という口コミも多かったです。

 

 

そして最後に「全額返金保証」。
化粧品等で返金保証を見ますが、食べ物で返金保証って私は見たことないです。
販売ページに

 

お届けした商品やサービスに満足着なかった場合全額返金します

 

と書かれていたので、間違いないでしょう。

ということで現状一番いろんな意味で失敗もないし、品質の高さも間違いないかと思います。
2ヶ月しか食べられない冬の味覚、セイコガニを食べるならこのお店がおすすめです。

↓↓↓


山陰境港産 セコガニ(親がに/せいこがに)約1kg詰【送料無料】

カニ通販 おすすめ