送りつけ商法急にカニを送りつけてきて代金を請求する詐欺、いわゆる送りつけ商法が流行っているみたいです。

送りつけ方は2種類あり、代引きで送ってくるケースと、普通に商品を送ってくるケースがあるとのこと。

代引きで送ってくるケースの場合は送ってきた時に送り主を確認して注文した覚えが無ければ払わなければ良いのですが、同居の家族宛てであった場合は買ったのかな?と思う場合もあるので注意が必要そうです。

代引きで購入した場合は商品が届くことを先に家族に伝えておくなどして、そうでない場合は受け取らないなどのルールを決めておいたほうが良さそうです。

危険なのがもう一つの商品を普通に送りつけてくる方法。

この場合、商品が到着した頃ぐらいに相手から電話があり、商品を買ったんだから料金を払えと請求してくる方法です。そんな詐欺に引っかかるわけがないと思っていたんですが、請求される金額が商品なりの値段であれば受け取ってしまっているし・・・ということで払ってしまいそうな気もします。

まして、こういった送りつけ商法は高齢者向けにされることが多いので、高齢者であれば尚更払いそうなのもわかる気がします。

しかも最近では請求方法も悪化しているらしく、「自宅に行く」「弁護士を呼ぶ」などの恐喝的な請求方法もあるとのこと。普通に送られてくるのでこちらで対処の方法は難しのでそういった詐欺があることを知っておくのは大事だと思いました。

送りつけ商法の対処法

届いた場合どうすれば良いの?を調べたのを一言でまとめてみると、

14日間は商品を開封しない

これになるようです。

送りつけられた商品は受け取っただけでは売買契約が成立するわけではなく、使用するなどの使用の意志があることが判明して契約が成立するようです。だから基本的には開けないことが大事。それだけではダメで、送りつけられた商品に対してはこういう法律的なルールがあるとのこと。

業者に商品の引き取りを要請した場合は請求した日から7日間以内、引き取りを要請しなかった場合は商品が送られてきた日から14日間以内に事業者が引き取りにこなければ、その商品は自由に処分することができる。

だからこその14日間はなにも触らないことが大事になります。

年末を狙った詐欺に注意

これから年末に近づいてくるとお歳暮などが送られてきます。その流れに合わせて送りつけ商法を利用した詐欺が増えてくるかと思われるので注意が必要になりそうです。

開封前にちゃんと誰から送られてきたのかの確認は必須ですね。

カニ通販 おすすめ