ボイル蟹

カニ通販のサイトを見ていると「浜茹で」などと書かれたすでに茹でられた状態で送らるカニと、生でそのまま送られてくるカニがあります。

どっちの方が良いのか疑問に思ったので、ちょっと調べてみた結果、個人的な意見では生の方が良いと思いました。理由は漁師の人の話で生ガニのほうが新鮮で美味しい場合が多いと書かれていたからです。ではなぜボイル蟹の味のほうが落ちてしまうのでしょうか?

漁師の人の話を踏まえて書いていきたいと思います。

冷凍ボイル蟹のデメリット

zikan

ボイル蟹はボイルされた後に、急速冷凍されて保存されます。これがすぐに送られれば良いのですが、実際のところそれがいつ出荷されるかわからないようです。

実際に送られてきているのは3ヶ月前とか半年前にボイルして冷凍されたものもあるかもしれないということです。

もちろん国産であれば、漁のできる時期があるのでそこまで古いものは無いかもしれませんが、スーパーとか海外で収穫されたものであれば起こりうる話です。国産であれば大丈夫なのか?と言われるとそういうわけでもなく、購入する時期によっては冷凍して時間が経っているものが送られてくる場合もありえます。

冷凍されてしまうと当然味の劣化が始まっていくので、冷凍されている期間が長くなればその分味も劣化していきます。普段自宅で冷凍室に長く入れていると、表面が乾燥していて味が劣化したことがある人もいるはず。それがボイルガニでも起こります。

生ガニでも冷凍されてくるので違いはないのか?と思ったんですが、生の状態で冷凍されるよりも、ボイルは湯通しされた時点で旨味も逃げているので劣化具合はボイルのほうがひどいといえます。

いろんな食べ方を楽しめない

焼きガニ

ボイルガニの一番のデメリットはこれだと私は思っています。

ボイルをするとどうなるか?茹でたお湯に蟹の旨味が逃げ出してしまいます。以前に書いた記事(⇒かに雑炊の作り方)でもあったように蟹から出てくる出しというのは白菜ですら美味しくしてしまうほどの旨味があります。

ボイルガニを選んだ時点で蟹の出汁を利用した料理が楽しめない。

当然焼きガニ、蟹刺しなども楽しめません。せっかくお金を出して蟹の美味しさを堪能できない。そんな悲しいことが有りますか?

そういったところから個人的にはボイルガニよりも生ガニを選ぶほうが良いと思っています。

ボイルガニのメリット

kazoku

逆にボイル蟹のメリットを見てみましょう。

ボイル蟹一番のメリットは解凍すればすぐに食べられるところ。

最近は共働きで忙しい家族も少なくありません。蟹の美味しさを楽しもうと思うと、手間がかかります。殻をむいたりとか結構手間暇がかかります。そんなことをしてまで食べたくないという人もいるでしょう。そういう人であればボイルガニを選ぶほうが手軽に食べられるのでボイルガニの方が良いかもしれません。

贈り物として送る場合も、相手がそこまで蟹が好きでもない感じなら、すぐに食べられるボイルを送ったほうがよろこばれるのかもしれません。

生ガニを選ぶ理由

私はせっかく蟹を食べるなら美味しいカニを食べたい。

焼きガニ、カニ鍋、蟹の天ぷらなどなど。そういったものを食べるのにボイルだとやっぱり旨味にもかけるし微妙に感じました。ボイルガニの手軽さというのも良いのですが、手間と美味しさはトレードオフと思っているので、私は手間がかかってもおいしい生ガニを選びます(・∀・)b

カニ通販 おすすめ